January 30, 2004

Disc Review #003

discreview003.jpgInward CTRL - Alex Cortex
リリースはちょっと前だったんですが、ずっと気になっていたので、購入しました。Alex Cortexのフルアルバム。ann aimeeから。
1曲2〜3分程度の曲が24曲収録されています。こんなに曲数いらないから、1曲をもっと長く聞かせてくれとも思うのですがね。まあ、それは良しとして・・・。
近頃、ずっとエレクトロニカな音を聞いていたので、その延長で聞いてたら、良い意味でしっかりと騙されました♪もちろんエレクトロニカな音もありますが、デトロイトテクノやミニマルテクノ、はたまたアンビエントな曲からハウス的な曲までを、美しく繊細で透明なメロディーで包み込んでます♪こういうテクノなアルバムは久しぶりなので、何だか新鮮。それにしても、曲名ぐらい付けろっつー話だな。CDにも記されてないし、レーベルのサイト行っても分からないし、iTunesで「トラック名取得」しても分からないし・・・。

January 26, 2004

Disc Review #002

discreview002.jpglook at this! ha ha ha! - kettel
Reimer EisingによるKettelのKrackfiveからの7曲入りEP。図太いヒップホップビートな曲から、Aphex Twin的な壊れ系ブレイクビーツまでと、さまざまな音表現がされてます。が、全体的にどこか不思議な世界観があり、これがkettelワールドなんだろうなぁと。かなりおすすめ♪

January 17, 2004

Disc Review #001

discreview001.jpgDyn - Quench
Funkarma名義でもお馴染み、オランダのFuncken兄妹によるQuench名義でのアルバム。u-coverから。
底の底から鳴り響く太〜くて重〜いビートと、哀愁漂うメロディーが、心地良すぎるくらい心地良いグルーヴを作り出しています。曲自体はすごくシンプルなんですけどね。本当ビートにやられます(泣