February 27, 2004

Disc Review #008

discreview008.jpgDo Not Multiply Models - CiM   
過去にDelsin, deFocusからリリースしているCiMの新作がann aimeeから、かなり遅れてリリース。ってか遅れすぎっしょ。昨年の秋にリリースのはずだったのに…。1年以上も遅れるってどういうことだ。んなこと言っても、これ聞けばリリース遅れも許せちゃいます♪待った甲斐あり!今作も1st同様、温かく柔らかいビートに、クリアーで優しいメロディーで、これぞCiMといったピュア・テクノに仕上がってます!

February 25, 2004

Disc Review #007

discreview007.jpgSINKING - MR.PROJECTILE
こちらも待ちに待ったという感じ。過去にToytronic, Musik Aus Strom等からからリリースもしているMR.PROJECTILEの新作。今回はmerckからです。このアルバム、とにかくオープニングの "You Need" という曲。アンビエントな雰囲気の女性ヴォーカルとメロディに、疾走感のあるブレイクビーツ。もう完璧です。泣けます(泣)久しぶりに「良い曲だぁ〜♪」と感る曲に出会えました♪
ホント、1曲目だけでいいので、こちらのmerckのサイトで試聴してみて!

Disc Review #006

discreview006.jpgMap of What is Effortless - Telefon Tel Aviv
給料日前でいっぱいいっぱいな生活を送っていたので購入が少々遅れましたが、給料も入り無事に購入♪(CD1枚も買えんのか!?って話ですが…)テレアビの2nd♪Hefty Recordsから。歌もの歌ものと噂されていましたが、噂通りの歌ものでやられちゃいました。今回はよりポップで、よりソウルフル?んで、大人っぽくなった。一瞬、R&Bかと思いましたもん。けれど、テレアビ的な哀愁漂うメロディーは健在で、そんなメロディーに1曲1曲しっかりと泣かされて、土台にはしっかりとテレアビ的なビートが咲き乱れてます♪
それにしても、1st "Fahrenheit Fair Enough"の成功もあってか、今回の2ndはちょっとお金掛かってるなぁ…みたいな印象。だって輸入盤なのに帯が付いてるし、紙とか部分的にテロテロしたもの使ってるし。サイト格好良いし。→

February 20, 2004

Disc Review #005

discreview005.jpgdreim - kettel
ここでも以前レビュったEP "look at this! ha ha ha!"(1月26日テキスト参照)のkettelの2001年にリリースされた1st。Krackfiveから。前のEPにすっかりやられまして1stも購入してみたんですが、EPとちょっと作風が…。EPで見せた、これぞkettelワールドって音ではなく、IDM系ど真ん中な音でBlack Dog(Plaid)に通じるところが多々あるけど、やはりエド&アンディよりはちょっとIQ低めな感じ。けど決して悪くはないです。ってことで2ndも購入予定♪
ところで、ここのKrackfiveというレーベル、日本語サイトが出来て、このCDもそこで購入したんですけど、すべての商品が消費税&送料込みで¥1,700ととてもリーズナブルでおすすめです。Krackfive [japan site]

February 14, 2004

Disc Review #004

discreview004.jpgsocially inept - proem
リリース前からスタンバってたってのに、半月経ってから入荷ってどうゆーことだ。本当、待ちに待ったという感じ。まあ待った甲斐がありましたな。
と、いう事でmerckを代表するIDM系アーティスト、proemの新作です。前作「Negative」よりちょっと落ち着いたというか、無駄がなくなったような、すんごくスッキリと仕上がってます。いかにもって感じのmerckらしい、んでproemらしいダウンテンポなエレクトロニカサウンドは健在で、アナログテイストでメランコリックなメロディーが絡んで、本当クセのないアルバム♪