July 30, 2004

Disc Review #029

discreview029.jpgMerck Mix3 - V.A
いやいや、勢いが止まりませんね。リリースラッシュのMerckからレーベル4周年を祝う、お馴染みMixシリーズ第3弾。今回は今までで最も良いです!Machine Drum、Proem、Proswell、Ilkae、Lackluster、Mr.Projectile、MD、Esem、Tiki Obmar....などなどMerckを代表するアーティストの楽曲がノン・ストップで全46曲!ここのレーベルはホント、良いアーティストが揃ってますね。人気がある訳ですよ。前作と同じ、mixにはBen Cormier & Dan Hartrell。

July 26, 2004

Disc Review #028

discreview028.jpgremixselection_one - lackluster
過去にDefocusやMerckなどからリリースしているIDM系アーティスト、Esa RuohoことLacklusterによる2001年から2004年の間にremixしたさまざまなアーティストの曲を集めたアルバムがpsychonavigationからリリース。global goon(rephlex)やproem(merck)、multiplex(toytronic)などの曲を、彼らしい綺麗でメロディアスなカタチに仕上げてます。
余談ですが、僕はremixってあまり好きじゃありませんのですよ。例えば、Aというアーティストの曲をBというアーティストがremixした場合、どっちのアーティストの曲として聞けばいいのか分からないから。というアホみたいな理由なんですけどね。まあ、いくらremixしてもオリジナルにはかなわないようにも思うんですけど…。

July 17, 2004

夏フェス

今日から2日間、横浜アリーナでWIREやってるんですよね。今頃ドンドコドンドコやってるんでしょうねぇ。テクノ大好きなんですけど、WIREは一度も行ったことがありません。毎年あまり出演アーティストが変わらないっていうのもWIREに行かない理由なんですが、"電気グルーヴ"が昔からあまり好みじゃないってのも理由かも…。ほら、石野卓球Presentsじゃないですか。卓球はべつに嫌いじゃないんですけど…。まあ行ったら行ったで楽しいんでしょうけどね。ってことで今年もWIREはパス。
んじゃ、Fuji Rock。去年は1日目だけ行きましたけど、それはunderworld観に行っただけで、基本的に"Rock"ってだけで行く気がしません。ケミカルもベースメントジャックスも何か違うし、mum観たいなと思ってたけど、新作が不発でその気も失せたし…。ってことでFuji Rockもパス。
んじゃあ、これしかねぇ!って事で期待大にしていたmetamorphose!とにかく!K7 STAGEがやばい事になりそうだ!と行く気マンマンだったのに、場所が苗場かよ!遠い…。今まで通りでいいじゃない。なので、メタモはちょっと保留。ってかチケットもう発売してんじゃん!あ~どうしよ…。結局フェス行かずに夏終わりそう…。

July 12, 2004

Disc Review #027

discreview027.jpgclear without items - himuro
久しぶりのレビュー。これリリースされたの先月だっけかな?しかしこれは紹介せずにはいられません。
ってことで、私が大好きなレーベルの1つ、ROBOKONEKOことMelinda Taylorがオーナーを務め、Disjunction ReunionやPellarinなどでお馴染みオーストラリアのIDM系エレクトロニカレーベル、Couchblip!からの久しぶりの最新作。過去にWorm Interface Recordingsから"Nichyobii"というアルバムをリリースしたこともある、福岡県在住のヒムロヨシテルことhimuroです。同レーベルからは初の日本人ってことで、どんなもんか聞いてみましたが、これが今までのCouchblip!からは想像も出来ない音で、Prefuse73、Machine Drumラインのカットアップ・ヒップホップ。を基本として、そこにアシッドなウニョウニョ音や、ブレイクコアでピコピコしたゲーム音など、1枚で2度・3度おいしいアルバムに仕上がってます。
余談ですが、Couchblip!レーベルのジャパン・ツアーが先週の8日に吉祥寺にあるfourth floorにて行われてたんですが、行けなかった…(泣)ROBOKONEKO、Disjunction Reunion、そしてhimuroがライブを行ったそうです。もし行った方いましたら、詳細を教えて下さい(泣