July 24, 2006

Disc Review #184

discreview184.jpgA Cinema For Ears - Tickles
Yuki Kamata、Tsuyoshi Izawaという2人の日本人からなるユニットTicklesのデビューアルバムです。自身のレーベルMadagascarから。ってかこのTickles、湘南・藤沢を中心に活動しているみたいですが、藤沢から田舎方面へ3駅行った"ひ"の付くとこに私は住んでますw。ってどうでもいいんですが、何だか同じ湘南地区ということで勝手に親近感が沸いちゃったりね…。それにしてもこんな近くにこんな良い音を奏でるアーティストがいたとは驚きです…。
シンプルなブレイクビーツ〜4つ打ちテクノポップ。様々な音のレイヤーが重なり、キャッチーでポップなメロディーライン…ってこれといって珍しい感じもないんですが、このアルバムは雰囲気がすごく良いです。一聴、I am Robot and ProudRei Harakamiのような柔らかく優しいポップな雰囲気を感じるんですが、聴いてくうちにそれらと何かが違うことに気付きます。ポップさの中にあるトゲというか影というか…う〜ん言葉では上手く言えないんですが、一音一音はポップだけどそれが重なって曲になるとダークな世界になるんですよね。不思議です。あと曲の展開が私的にツボ! 結構急な展開の曲が多いように思うんですが、それを急と感じさせない独特のセンスを感じます。T06, T08で逝きます。ってか捨て曲ないよ。聴いておいた方が身のため。良作♪
あ、ちなみに今月30日にHMV横浜ビブレにてインストアライブやるみたいです。行っちゃおうかな〜♪詳しくはレーベルサイトにて。