March 04, 2007

Disc Review #233

discreview233.jpgCurveland - aus
昨年夏にMusic Relatedから3rdアルバム "Sonorapid"(Disc Review #182)、昨年末にLinus主宰のレーベルPrecoから4thアルバム "Lang"(Disc Review #215)、そしてsonarsoundへの出演も果たし、怒濤の2006年を駆け抜けたYasuhiko Fukuzonoによるausが、前作から半年も経たないうちに5thアルバムとなる "Curveland" をRemote Viewer主宰のレーベルMoteerからリリースです。あ、そういえばこちら(Disc Review #221)のコンピにも参加してたよね。ホント働き過ぎですよw。
IDM寄りの前作に比べると、今作はレーベルを意識してか、ぐっと柔らかく暖かい音色ですね。3rdアルバムの "Sonorapid" 路線ですが、メロディーも控えめでもっと音響的というかミニマルな要素が強いように感じました。ゆっくりと打たれる丸くぼやけた柔らかいビートと、溶け込むように静かに奏でられる、ausらしい繊細さを持った優しいメロディー。そしてausではもうお馴染みCokiyuによる可愛くドリーミーで人肌を感じさせる温かい歌が優しく曲を包み込み、いつも通りの幸福感と安らぎを与えてくれます♪
ってか、T05の"Curve"がとても好きです。これ歌詞もaus君が書いてるのかね? 雲に着ぐるみを着せるって表現におじさん完全にやられましたよ…。

それと、Cokiyuさんのアルバムが5月にaus主宰のレーベルflauからリリース予定だそうです。こちらも楽しみに待ちましょう♪