September 24, 2007

Sense of Wonder

070924.jpg昨日は山中湖で行われた野外フェス"Sense of Wonder"へ行ってきました。
この基本インドア人間の私が野外フェスですよ。しかも出演アーティストも別にエレクトロニカ色が強いわけでもないし、わざわざ山中湖に足を運んでまで観たいアーティストもいなかったんですが、"今年のフジロックは天気に恵まれた" という話を耳にしてから、自分もそんな最高のロケーションで音楽が聴きたい! 写真を撮りたい! と思っちゃったわけで、んじゃあSense of Wonderなんてちょうど良いんじゃな〜いの? と思い参加したんですが…現地に着いて車降りたら思っていた以上に寒く、会場入りした途端雨が降ったり止んだり、そこにそびえ立っているはずの富士山は濃霧にかき消され…。しかも、前日の睡眠時間が1時間弱という寝不足状態のまま、Sense of Wonderスタート。
とりあえず、寒かったので温かい飲み物を探すがコーヒーしか売ってなく、コーヒー飲めない私は具だくさん豚汁をチョイス。それを食しながら、ちょっと観たかったUAの出番を待つ。
UA登場。スラっと背が高く大きな人…かと勝手に思ってたら、すごく小柄な人でビックリしました。1曲目しか聴いたことなかったけど、綺麗で独特な歌声。当たり前だけど歌が上手かったw。
UA終了したのが、13時くらいだったかな? そこから16時半のAmetsubまで観たいアーティストがいなかったので、味噌こんにゃく食べながらウロつく。Kaoru InoueがDJしているのを思い出しちょろっと行ってみる。
割とポップめで分かりやすく聴きやすいテクノな選曲。4つ打ちはやはり上がりますね! ガンガン躍らされ眠気も吹っ飛び、めちゃくちゃ気持ちよかった。
Kaoru InoueのDJが終わった途端、睡魔が襲ってくる。お目当てAmetsubまで1時間弱。車に戻り1時間仮眠。ちょっと寝坊してAmetsubのステージへ。
細かいグリッチが散りばめられた控えめで繊細なブレイクビーツに、美しいシンセのメロディー。Sonarの時より地味目でしたけど、ホント涙出そうなくらい気持ちいい。せっかく仮眠したのにまた眠くなりそうだった…w。
続けてGroup Inou。チープでコミカルなImaiのサウンドにcpのド派手なMC。客も終始ノリノリ。Imaiのサウンドはやっぱり好きですね。
ただここのステージ、隣のメインステージの音が被りまくりで酷かった…。
ラストは高木正勝Toe、どちらを観るか…かぼちゃ入りほうとうを食べながら迷う。高木正勝にする。雨は上がっていたが、すっかり日も落ち風が出てきた寒空の下、8時間の渋滞に巻き込まれたという高木正勝のサウンドチェックがひたすら続くステージを眺めて待つ…待つ…待つ。。。寒い…。
そのうち裏のステージからToeの演奏が聴こえ始める。が、ひたすら高木正勝のサウンドチェックを待つ…。が、我慢出来ずちょっとToeを覗きに行く。
狭く暗いステージで演奏する4人。やはりものすごく格好良くて聴き入りそうになったけど、もう始まるんじゃないかと高木正勝が気になってすぐ戻る…。が、まだサウンドチェック。。。
結局30〜40分は待ったかな? いや、もっとかも…。やっと高木正勝のライブが始まる。
高木正勝のピアノに、ヴァイオリン・ストリングス・パーカッションなどオーケストラルな極上サウンド。バックのスクリーンには自身の映像作品。
何かね、やっぱり違う…音というか音楽の質が。これがプロの音楽なんだなぁ…ってホント思ったね。名曲Girlsも聴けて大満足でした♪

ジャンル的にあまり観たいって思うアーティストが少なく、天気も悪かったけど、それなりに楽しめた。この位の規模のフェスが自分にはちょうど良いかも。来年もあったら行きたいですねー♪