January 31, 2008

Disc Review #298

discreview298.jpgTurning Dragon - Clark
傑作 "Body Riddle(Disc Review #205)" から約1年ぶりとなるChris ClarkことClarkの新作がWarpよりリリースです。つーか、みなさんもう買って聴いたり、CD屋などでレビュー見たりして大体の音は分かってると思いますが……そうなんですよ、めちゃくちゃフロア仕様な音なんです。
彼らしく無造作に組み立てられたゴリゴリッとミニマル且つハードに乱れ打つ力強い4つ打ちテクノビートと、大胆にエディットされ歪な響き方をするアシッドな上モノが曲をグイグイ引っ張ります。
てか、これ聴いた人みんなどう思ったんだろ? 私は2曲目とかでちょっと戸惑いましたw。まぁ全体的にClarkらしさも聴いて取れるんだけど、やっぱりちょっと大胆(雑?)過ぎる=繊細さに欠ける。クオリティ的には高いと思うし悪くはないんだけど、正直Clarkにこの音は求めてなかった。前作のまんまで来ればいいのに何でこう変なことしちゃうんだろう…とw。あ、あとボーナストラックが一番良かったってのも問題w。

January 27, 2008

Disc Review #297

discreview297.jpgA&M - Ambidextrous / Morkva
昨年末U-cover CDR LimitedからこちらをリリースしたロシアンエレクトロニカなアーティストAmbidextrousと、同じくロシアのアーティストMorkvaによるコラボアルバムがネットレーベルElectroSoundよりリリースです。ちなみにこの2人はJermookというグループでも一緒に活動しています。
リズミカルに弾ける丸みを帯びたIDM〜HipHopビーツに、奥行きのある優しくクリアで美しいアンビエンシーなメロディー。ロシア系の音にしてはゆったりとほのぼのとしていて、たまにギターやベースなんかの生音も聴こえたりと全体的にとても柔らかく優しい音色……なんだけど、やっぱり何処かにロシアっぽい音の響きと温度を感じるから不思議だわね。
MerckUlrich Schnauss系な雰囲気なので気に入る人多いんじゃないかな? フリー音源なのでとりあえず1曲目かラストの曲だけでも聴いてみちゃって下さい。フリーにしては全然良いです♪

January 25, 2008

Disc Review #296

discreview296.jpgToday The Sky Is Blue And Has A Spectacular View - Tickles
さてさて、湘南は藤沢を拠点に活動する3人組ユニット"Tickles"の新作2ndアルバムが、前作(Disc Review #184)同様、Madagascarからリリースです。
シンプルで重たいダウンビーツ〜心地良い4つ打ちビートが優しく柔らかく打たれ、美しくキラキラと輝くドリーミーなシンセ・メロディーが曲を包み込むように降り注ぎ、夢見心地な音世界を創り上げてます。
ものすごく繊細な音達を1音1音丁寧に組み立て構成されているのがよ〜く分かるんだけど、良い意味で何処か未完成っぽいというか、ライブ的なスリリングさみたいなものを感じる。それと、繊細なくせに妙に人懐っこい音してるんですよねw。だからすごく聴きやすいんです♪
いや〜1stも素晴らしかったけど、格段にレベル上がっちゃってますね。グッと深みが増して洗練された感じがする。間違いなく良盤!

January 22, 2008

Disc Review #295

discreview295.jpgNothing Against The Ocean - Set In Sand
どもども。こんにちは。お元気? 先日ブログ更新ペースダウン宣言しましたが、とりあえずレビュー#300までは突っ走りたいと思っておりますので、引き続きお付き合い下さいませませ。
つーことで、今年一発目に紹介する盤は、DoFのリリースでお馴染みのレーベルAbandon Building RecordsのオーナーSet In Sandの1stアルバムです。つーか、Hueからリリースってのにちょっと驚きました。あ、1stといっても以前にネットレーベルのDrift Recordsからこんなの(Disc Review #159)もリリースしてますので気になる方はチェックを。。。
さて今作ですが、少しLo-Fiっぽい古臭さを感じるゆったりとしたブレイクビーツと、アコギなどによるしっとりとしたフォーキーでラウンジーでちょっとコミカルさもあるメロディー。そして、Dose Oneのようなクセのあるボーカルが乗っかる、フォークトロニカ〜ポストロック〜ヒップホップな内容。
レーベルオーナーだけあってAbandon Buildingのカラー丸出しって感じですね。基本的にゆる〜くてぬる〜い感じですが、DoFに通じるようなズタズタにビート・エディットされた曲とかもあったりします。

January 05, 2008

AIRs:BLOGからのお知らせ

新年明けましておめでとうございます。2008年も今日で5日目。だんだんと正月気分も薄れ始めてる頃でしょうかね。何だかんだでAIRs:BLOGも今年から5年目に突入です。レビュー数もいつの間にか#294まで来ました。出来れば#300ちょうどで2007年終わりたかったんですが、なかなかそう上手くも行かなかったみたいで…。

でですね、いきなりなんですが、今年からちょっとブログの更新をお休みさせて頂こうかと思っています。理由は色々あるんですけど、最近、趣味の音楽のせいで本業のデザインが疎かになっちゃってる感じがしてて、さすがにこりゃマズいな…ということで、熱くなり過ぎた音楽熱をちょっと冷まそうと思ったわけでございます。
けどまぁ、いきなり音楽絶ちするのは私的に不可能なので、月に1〜2枚はレビュー出来たらいいな…と思ってます。少なくともレビュー#300までは続けます。あと6枚だけですけど…w。

まぁ、どうなるか分かりませんけど、たまに覗きに来て頂けたら嬉しいです。ということで、今年も宜しくお願い致します。