May 31, 2008

Disc Review #317

discreview317.jpgGrace - Haruka Nakamura
Akira Kosemura主宰のレーベルScholeの第4弾となる新作は、Akira Kosemuraとのスプリットアルバムでもかなりの存在感を放っていたHaruka Nakamuraのデビューアルバムです。
アコギやピアノなどの生楽器による柔らかく温かいメロディーが優しく丁寧に奏でられ、じわ〜っと広がるベース音が曲に程よい重みを持たせ、シンプルながらもとても深みのあるアコースティックな音空間を創り上げてます。
普段当たり前の様に過ごしている何でもない日常の何でもない情景が、彼の奏でる音によって光り輝いて見えたり、どこか懐かしく感じてきたり、何だか切なく思えてきたり…シンプルだけど感情豊かで色鮮やかな本当に美しく優しいアルバムです。似たようなことが色んなレビューでも言われているんですが聴いて納得です。つーか、ジャケのような夕焼けの日に聴いたりすると涙出てくるよ。。。良作♪

May 30, 2008

Disc Review #316

discreview316.jpgSilent 77 - Geskia
見事な不作っぷりの2008年ですが、ここに来てやっと納得のいく盤のリリースですよ。東京を拠点に活動するアーティストGeskiaのデビューアルバムがFlauからリリースです。
ドッスンドッスンと重たく太くに打ち付けるカットアップ気味なHipHop〜ダウンビートに、グリッジノイズとヴォイスサンプルを散りばめ、伸びやかで奥行きのある美しくキラキラしたメロディーで曲全体を包み込みます。
基本はMerck系の王道Electronica/HipHopなんですが、時にBoards of Canadaっぽいアナログ的な温もりを感じたり、IDMな繊細さを感じたり、ポップな色鮮やかさを感じたり、アンビエンスでメランコリーな哀愁を感じたり…と、多彩な音使いと飽きの来ない曲構成で、デビュー作とは思えないほどのクオリティの高さとセンスの良さを感じ取ることができます。今後が楽しみなアーティストですね。全15曲で捨て曲無し…恐ろしいです。良作! 迷わず聴くべし!

May 24, 2008

Disc Review #315

discreview315.jpgLazare - Principles of Geometry
買おう買おうと思いながらもスルーしっぱなしだったPrinciples Of Geometryの新作をやっと購入。前作(Disc Review #065)と同じくフランスのTigersushiから。
湿っぽいブレイクビーツ〜ダウンビーツとウニョウニョなベースライン、そしてアナログシンセな柔らかさと温もりのあるサイケデリック且つアンビエンスなメロディーの大胆な絡み。
前作同様、Boards of Canada的なアナログ感やサイケ感がありますが、今作ではもう少しディスコっぽさやロックっぽいノリノリなトラックが多いような印象。中途半端なラップなんかもあったりして、何て言うかダサ格好良い感じ?とでも言いましょうか…。まぁ悪くなくクオリティは高いと思いますが、個人的には前作の方が好きです。けど、良い悪いは別として、やっぱり彼らって何かセンスあるんですよね。この独特なセンス・雰囲気はかなりの武器だと思います。あ、あと前作同様ジャケが素晴らしい♪

May 17, 2008

Disc Review #314

discreview314.jpgSoon It Will Be Cold Enough - Emancipator
個人的に、NujabesHydeout Production)系列のHipHopってものすごく好みな音なんですけど、飽きやすい音でもあるので普段あまりチェックしてないんですが、この盤はタワレコで何気なく試聴してみたら即レジ行きでしたw。カナダから若干19歳のアーティストEmancipatorの1stアルバムです。
説明書通りに組み立てました感がするほど王道で温かく力強いHipHop〜ブレイクビーツと、ギターなどによるメランコリーで美しい泣きメロディーが流れるように優しく奏でられる…という超ありがちな組合せなんですが、メロディーが本当に美しくいんです! とても感傷的で冷たく切ないんだけど、何か不思議な温もりを感じるというか…冬に感じる暖かさみたいな…上手く言えないけど、とにかくこの温度感は好きです。
スケールもそこそこ大きくドラマティックでもあります。ただ、HipHop系にしては展開がやや単調でやっぱり飽きやすいかもしれない…w。けど、本当に美しく良いアルバムですよ♪

May 11, 2008

Disc Review #313

discreview313.jpgWolves and Wishes - Dosh
風邪引いて声変わり中のDanです。どうもこんにちは。まったく…季節の変わり目に見事に風邪を引くとは…。完全に油断した。皆様もお気を付けて。。。
さて、Kettel, Arc Labと地味にメジャーアーティスト続きます。Anticonから4枚目となるMartin DoshことDoshの新作です。シンプルで力強く暖かいドラムとうねるベースラインが、心地良く爽快なグルーヴ感を創り出し曲をグイグイ引っ張っていき、ギター・ピアノ・ストリングス・ホーンなど様々な生楽器によるカラフルなメロディーが楽曲に優しく色を付けていきます。
全体的に、前作"The Lost Take(Disc Review #207)"よりは若干地味な気もしますが、神業的な音使いで聴かせる感動的なポップ感は健在で、もう見事としか言いようがありませんね。特にドラムの力の抜けた力強さが本当に気持ちが良いんだよなー。いや〜ホントこの人はセンスあるよなー。

May 10, 2008

Disc Review #312

discreview312.jpgThe Goodbye Radio - Arc Lab
n5MDからMedard FischerによるArc Labの3枚目となるアルバムです。1st(Disc Review #094)、2nd(Disc Review #230)共に良質な王道IDMサウンドを聴かせてくれていたのに、いや〜今作はどうしちゃったんでしょうかねぇ…。
白くぼやけたアンビエンスな空間の中で静かに響く、細かいノイズを散りばめた弱めのビートと、ピアノ・ストリングスなどによるスケール感のあるメランコリーでクラシカルなメロディー。そして歌。
すごく彼らしくクリアで綺麗な音色で決して悪くないんだけど……何かが中途半端なんだよなぁぁぁぁ。メロディーは相変わらず綺麗なんだけど、ビートと歌の聴かせ方が微妙…。聴いてて全然面白くないというか…(言い過ぎ!?)。音的には最近のn5MDっぽいんだけど、無理矢理レーベルカラーに近づけてる感じがするんだよね。何だか上手く言えないんだけど、上手く言えないくらい微妙な感じ。最後の曲は素晴らしいんだけどー。ん〜ちょっと今後のn5MDの行方が心配です。。。

Disc Review #311

discreview311.jpgMyam James Part1 - Kettel
Sending OrbsからKettelの新作です。"My Dogan(Disc Review #181)"以来か〜とか思ったら、間にDubからのコレ(Disc Review #254)をリリースしてたよね。あんま印象に残ってないw。
で、今作なんですが…てか、今作もなんですがw、ブリブリなベースと小気味よく弾けるブレイクビーツに、キャッチー&ポップできらびやかなメロディーという、My Dogan路線で超Kettelな音です。何かKettel過ぎて今更レビューで書く事もないくらいですw。
Kettelのアルバムっていつも凄いボリュームですぐお腹いっぱいになり、あっという間に飽きてしまうんですけど、今作はメロディーも派手過ぎず地味過ぎず、全体的にも腹八分目って感じでw、私的にちょうど良いボリューム感です。まぁ、Kettelにしたらものすごく普通なアルバムですけど、Kettelクラスの"普通"ですからね…w。
ラストにPhoeneciaとSecedeによるリミックスも収録。それと、今作はアルバムタイトルを見て分かる通り、Part.2となる続編もあるらしく、それが今夏リリース予定だそうです。

May 03, 2008

Disc Review #310

discreview310.jpgFan - group_inou
昨年のSense of Wonderで観てから、何かと彼らの音に触れることが多い気がします…って言ってもSOWと今年始めのネストでのイベントで観ただけか…。あれ?何かもっと観てる・聴いてるような気がするんだけどなー。あーフジにもメタモにも出てるんだね…行ってないけど。
Track担当のImaiとMC担当のcpによるエレクトロヒップホップユニットgroup_inouの1stアルバム。自身のレーベルGalから。
軽快に曲を引っ張るブレイクビーツ&4つ打ちビートと、チープでコミカルでちょっぴりセンチメンタルな雰囲気のメロディーラインの上に、吐き捨てるように言葉を並べていくcpのラップ。
ソロアルバム(Disc Review #095)同様、やっぱImaiの創り出すお遊び感覚満載なトラックは私的にかなり好みです。良い意味での適当さや手抜き感があってそれがとても気持ちよく心地良いです。このチープ感はクセになるなー。普段難しい音楽ばかり聴いてるアナタ、箸休め的にどうです? cpのMCが脳ミソ掻き回してくれますよ♪