October 29, 2008

Disc Review #338

discreview338.jpg71 : 36 - Sabi / Kiyo
Merckのコンピに参加していた日本人アーティストのSabiKiyoによるスプリットアルバムが、Phase Worksよりリリース。今作は、それぞれのオリジナルトラック5曲と、Richard Devine, Kettel, Machine Drum, Julien Netoによるリミックスを収録。
Sabiって自分の中では完全にアンビエントなイメージだったんですが、意外にも芯の通った太い音をしていて、メロディーも輪郭がクッキリとしてポストクラシカルっぽくもあり、ジワジワと音が迫ってくるような…気持ちの良い威圧感があります。リミックスはJulien NetoとKettelが担当。
続いてKiyo。ゆったりと太く地味〜に響くグリッヂなIDMビーツに、機械的で無機質な音の破片と浮遊するミニマルな上モノ。めちゃくちゃ地味で暗いんだけど、カラッとした変な爽快感がありますね。何だろこれ?リミックスはRichard DevineとMachine Drumが担当。
うん、両アーティストともすごく地味だけど、聴く者を惹き付ける魅力的な音をしてますね。ってか、この2人はオリジナルアルバムは出してないんだっけ?いや〜…日本人、レベル高いわー。
(アルバム「71 : 36」の特設ページ

October 24, 2008

明日、DJみたいなことします

Our Bubble Hourを主宰している3molesさんのお誘いで、明日10/25(土)池袋のBEMSTARというカフェでDJします。メンツは、Dan・3molesさん寝めさんnzさんの4人です。時間は18時〜22時で1人1時間。順番は当日じゃんけんで決めるみたい。まぁ、DJというよりはお店のBGM係と思って頂けたらと思います。そして、みんなめちゃくちゃ自己満な選曲だと思います…が、音楽のセンスはみんな良いので、聴いた事の無い良い曲いっぱい聴けると思います。4人とも基本はElectronicaな選曲…だと思います。
カフェなのでもちろん入場料なんてものはありません。デートコースにちょろっと組み込んで頂けたらな〜なんて思います。どうぞお気軽に♪でわでわ、明日お待ちしております。

October 23, 2008

Disc Review #337

discreview337.jpgFaulty Toned Radio - The Boats
MoteerのオーナーでThe Remote Viewer名義でもお馴染みCraig Tattersallと、Andrew Hargreavesの2人からなるThe Boatsの3rdアルバムがflauからリリースです。
優しく軽やかにリズムを刻むノイズ混じりのクリック・ビートと、繊細な電子音。そして、どこか埃っぽく錆び付いたようなアコギやピアノなどの生楽器による柔らかいメロディー。
これまではビートのほとんどない、生音+電子音響というスタイルだったので、個人的には若干退屈してしまう部分とかあったんですが、今作は見事に化けましたね〜もちろん良い方にね〜♪ビートが入った事により、グッと曲らしくなったし、上モノも今まで以上に引き立ってます。ホント弱く微かなビートなんだけど、不思議と妙に存在感があってすんごく気持ちが良いんです。
一聴、アナログでノイジーですごくルーズな音に聴こえるんですけど、実はものすごく繊細な音を丁寧に組み立てていて、その辺の構成力というか聴かせ方はホント見事だな〜と。こういうアルバムは大好きです。良作!!!

October 19, 2008

Disc Review #336

discreview336.jpgResurgam - Alias
Goldmundの新譜のレビューをしようと思ったんだけど、前作してなかったので今作もいいかなーと。まぁ相変わらずなピアノな感じでクラシカルでした。
あい、AnticonからAlias新作です。ここんとこコラボ作(Disc Review #110, #171)が続きましたが、オリジナルは"Muted"以来5年ぶりみたいですね。
力強く軽快にリズムを刻む如何にもAliasといった感じの太く抜けの良いブレイクビーツに、とても伸びやかで気持ちのよいキラキラと幻想的且つ哀愁漂うメロディー。
今までわりと単調なビート構成の曲が多かったですけど、今回はそれに加えエレクトロニカなちょっと複雑めなビートも多く聴かせてくれてます。
Why?のYoni Wolfをフィーチャーした曲では、豪快で爽快なめちゃくちゃ気持ち良い4つ打ちなんかも披露してます。つーか、この人ってどんどんエレクトロニカな人になっていくね。たまにはラップなんかも聴きたいかもw。

October 18, 2008

Disc Review #335

discreview335.jpgMe, But Perfect - Engine7
Rubensをリリースしたグラスゴーのレーベル Herb Recordingsから、Alan McNeilによるソロプロジェクト、Engine7のデビューアルバムです。
柔らかく丸みを帯び、少しアブストラクトっぽくもあるIDMビーツに、生楽器なども取り入れたキラキラと優しく降り注ぐどこか哀愁漂うIDMメロディー。
すごく王道なエレクトロニカ〜IDMなアルバムだなぁ〜と初め思ってたんですけど、聴いてくうちにIDMというよりはアンビエント色が強めで意外とユルめだなぁ…という印象を受けた。なので地味でもあります。すごく繊細さもあってメロディーも綺麗だし悪くないんだけど、全体的に若干物足りなさを感じる。ビートとメロディーの雰囲気も何だか合ってない気もするし。ん〜…方向性が定まってない感じがするのかなぁ。何かが中途半端。決して悪くないんだけどなぁ〜。

October 13, 2008

Disc Review #334

discreview334.jpgEyes Like Brontide - Lights Out Asia
はい、n5MD爆弾3発目は、去年n5MDから2ndアルバムをリリースした3人組バンドLights Out Asiaの新作です。いや〜改めて言うけど私、彼ら大好きなんですよ。もうね、音・構成・展開…全てがど真ん中。めちゃくちゃ好み! 今までのアルバム全部良いし(Disc Review #261
優しく柔らかい繊細でシンプルなビートは力強くリズムを刻み、ギターやピアノによる溜め息が出るほど美しく切ないメロディーが、シンセと共にゆらゆらと揺らめきながら曲全体を包み込むように響き渡り、これ以上無いほど心地良く美しい壮大なアンビエント空間を創り上げています。
あ〜…いつ聴いても彼らが創り出すメロディーには感動させられますね。アルペジオっつーの? このメロディーセンスはマジでツボ。ビートもシンプルでめちゃくちゃ王道なブレイクビーツなんですけど、このシンプルさがメロディーを引き立ててるんだよねー。まさにジャケのオーロラのような美しさと壮大さを音で表現している感じです。あ〜…ホント美しい。。。音の響き方とか曲の雰囲気とか…たまりませんです。まじで涙と鼻血が一緒に出そう…。良作。。。

October 12, 2008

Disc Review #333

discreview333.jpgShimmer and Fade - Bitcrush
n5MD爆弾2発目は、今年初めに新作出したばかりのレーベルオーナーBitcrushです。と言っても、今回は新作ではありません。2005年にn5MDが運営するネットレーベル En:peg Digitalからリリースされていた作品に未発表曲4曲追加してCD化した物になります。限定1,000枚みたいです。つーか、初めからCDで出せっつー話ですよ…。同じ音源2度買いですよ、まったく…。
伸びやかでゆったりとした、とても柔らかい生音な温もりを感じるブレイクビーツに、ゆらゆらと浮遊するアンビエントなシンセと男性ヴォーカル、そして大胆な展開で聴かせる壮大なシューゲイズサウンド。
Bitcrushの何物でもない音で、今更書く事もないなぁ…って感じですが、大胆且つ繊細な曲展開とか音の広がりとかは相変わらず気持ちいいですね。まぁ…この作品はCD化されて当然だと思います。

October 11, 2008

Disc Review #332

discreview332.jpgl'eixample - Near The Parenthesis
引っ越しやら何やらでバタバタバタバタしてまして、ご無沙汰しておりました。やっとネット環境も整い、AIRs : BLOG復活!!! ということで、CD溜まってるので更新ペース上げて行くのでよろすく。
ここのレーベルも今年はちょっと不作気味な感じがしないでもない…みんな大好きn5MDから3枚同時リリースの1枚目、Near The Parenthesis。つーか、もう新譜じゃなくなっちゃったけど…。
繊細で弱めのビートがゆっくりと静かにリズムを刻み、クリアで美しく感傷的な泣きのIDMメロディーが流れるように優しく奏でられ、シンプルながらも奥行きのある極上のアンビエンス空間が広がっています。
相変わらずメロディーは綺麗ですが、今までの彼のアルバムと比べると、ビートもメロディーも全てがユルめでアンビエント色がかなり強くなってます。正直、個人的にはこれまでの作品のほうが好きだけど、聴き込めば聴き込むほど良さが出くるアルバムじゃないかと…。
だけどさ、この間のArc Lab(Disc Review #312)といい、どうしてこっち系のゆる〜い音に行っちゃうのかね? 何かn5MDのアーティストみんな、Last Daysみたいになっちゃう気がする…w。それはそれでいいかもだけど…。